FTISLAND [THE TRUTH] IN HONGKONG

FTISLAND [THE TRUTH] IN HONGKONG

2017.1.21 @AsiaWorld-Expo Hall 10

 

 

前は1年に2回くらいのペースで通っていた香港ですが、今回はおよそ2年半ぶり。

FTくんたちのライブがあるタイミングでの渡港となりました。

いやあ、もう日韓以外のアジアでのチケットの高さに毎度ドン引きなんですが

好きな台湾とか香港でライブされちゃうと一石二鳥的な感覚でお財布と相談して可能であれば飛んでしまいます。

 

席は前から2番目のブロックのちょうど真ん中。

開演前の座席からの視線はこんな感じ。

すごく近い!ってわけではないけど、

運よく通路際で、始まってしまえば横にはみ出して前後左右に手を伸ばしても

大丈夫なくらいのスペースあり。すばらしい。自分を解放して存分に楽しめました。

では拾ってきたセトリ順にちょいちょい感想をば。

続きを読む >>

FTISLAND 区切り 23:58 区切り comments(0) 区切り - 区切り

5.....GO リリースイベント

記憶力がないことを自覚しているので覚書として。

えぷちのアルバムリリースイベント、ハイタッチ会に行ってきました。
会社休んで←

奇しくも本日、ソウルライブの日程が出て
会社休まなくても行けるとなったので
有休消化のために1日くらい休んだほうがよかったくらいだと
自分にうまい言い訳作ったりして。

会場に着いたのは12時半。
2部構成の2部の整理券をもらって、時間まで向かいのポートピアホテルでランチタイム。

再集合の場所に行ったときにはもう列が動き出していて、
1部の人がまだやっている後ろでスタンバイ。
最後のほうは先に終わったメンバーがちょっとファンサしてたようだけど
後ろからはまったく見えず。ま、それはいい。

その後2部の人たちみんな各メンバーのブース前に誘導され
イベンターさんのMCがファンをいじってのトークで和ませたあとメンバー全員登場して挨拶。

じぇじんは、今日も(だったかな?)よろちくび と言って中学生まんま。
ほんぎ お昼ご飯たべましたかー?
すんひょん 1部やってみて、すごい早くて残念だけど近いから〜とかなんとか
みなり・・・・・・・・・なんて言ってたか本気で忘れた
ふに 楽しいイベントにしましょ〜

で、ハイタッチのはじまり。
ワシはIさんと一緒にまずはみなりから。
みなり2回タッチのIさん、しかし彼女は昨日のライブでノドをやらており
超ハスキーボイス。なのにちょっと話せるとMCに聞かされてやばいとなり、
もうこれをネタにするしかと 「ライブ楽しすぎでこんな声に〜」と言いながらスタッフに引きはがさていくw
みなりもその姿に声あげて笑ってくれて、直後のワシはありがたくも満面の笑みいただきました←

「みなり〜!(つい呼んでしまう)みなりのドラム大好き!」
「ありがとう〜」
「ソウルも行くからね!」(引きはがされかける)
(うなずいてにっこり) 以上。

つぎ、ふにさま。
ブースに入るとけっこう細かいリズムで足踏みしているふにさま。
テンポがはえー。

「きのう、たのしかったー」
「ありがと〜」(にっこり) はい、以上。

あの足踏み、急がされる感じがして ふにさまにしてやられたわ。

で、じぇじん。
なんかいままで二人よりも列が短い。なんで?すぐまわってきた。
ブースの中にはカラフルな花冠をのせた、営業スマイルぜじにゃんが
ウェルカム状態でこっち見てくれている。

「きのうのベースソロ、さいこうだったー!」
「ほんと〜?ありがと〜」
なにかもう一言いいたいが出てこず、親指立てて(まじよかったよ〜)と目でいうワシに
ちゃんと最後まで顔を向けてくれていたジェジンくん。小顔すぎた・・・・。

やはりワシは彼のファンなのでしょう、終わった後の満足感。
あと、待ち時間が少なかったこともこのイベントに満足してる要因かな。

その後 Iさんと会場近くのIKEAに行きウロウロ買い物して、
三宮でご飯食べて、満足して帰ってきました。
さ、また明日から頑張ろう。

FTISLAND 区切り 23:12 区切り comments(0) 区切り - 区切り

「20 twenty」リリース記念イベント

FTISLAND 「20 twenty」リリース記念イベント 大阪2回目

1, MINI LIVE

Setlist
・Satisfaction (Korean Ver.)
・WANNA GO
・PAPER PLANE
・YUKI
・STAY

・最初の2曲で飛び跳ねまくり。
・WANNA GOは文句なしに跳べる。
 しょっぱなにほんぎがシャウトしてから覚えてない。
・PAPER PLANEの前奏が鳴ったときにすでに感激。聴けると思ってなかった。
  じぇじんが目を閉じてベースを弾き歌う姿にひたすら自分が陶酔してたw
  彼が歌い上げたときに思わず声を出してしまったほど。
 (そのあとのすんひょん、入りづらかったよね、ごめん)
・YUKI のしょっぱな、すんひょんVo.がちょっと不安な感じだった・・・
 練習足りてないか? 2番からは安定したけどね。
 この曲だったかな、じぇじんのコーラス入ってないとこあった。
・STAY 最初のクラップ、あそこいい。楽しい。
 ペンラはその時点でもうカバンの中だったので
 おもいっきり手拍子して楽しみました。STAY〜〜〜♪
・しかしあの会場、あんまり音はよくなかったね・・・そう思わなかった?
 音響設備悪くないと思ってたけど、そうでもなかったなぁ。

2, トークのほうはおいおい・・・(かな)

FTISLAND 区切り 00:26 区切り comments(0) 区切り - 区切り

FTくんたちに会ってきたよ

FTISLAND Official Fanmeeting 2012 〜Congratulations!〜 
@TOKYO DOME CITY HALL 2012.3.19 PM7:00 Start 

★オープニング ミニライブ
・LIFE 
・Venus 
・ものすごく 
・友達さえ失った 
・恋人になってほしいです 
・鳥のように 

2曲目まで終わって、韓国で出した新曲の曲紹介 by じぇじんぐん
 「友達さえ・・・」(必死に日本語タイトルを思い出している)
 「友達さえ・・・・LOSTした(きっぱり)」←ごうかーく!
 「恋人になってほしいです」では、すんひょん座ってアコギ♪
そしてじぇじんの優しい声にしみじみしみじみ←浸りすぎて上向いて聴いてしまった。
ラスト「鳥のように」は、テンションあげていこってことで 
メンバーも会場との掛け合い楽しんでて盛り上がったー。 
ほんとこの曲、FTにあう〜♪ オリジナルでないのが悔しいくらい。 
あ、でもここですんひょん、歌とちってました^^; 
自分の歌パートなのに、男前ギターのみ。隣のじぇじんが「え?え?」ってなってた。
ほかにもツッコミいれたいとこあったけど、そこはファンミのリラックスした空気にて
流されていきました〜(笑) 


★トークコーナー 
・ライブ後に一度ハケて再登場。なぜかノリノリな5人。すんひょん一瞬ボイパ・・・! 
・自己紹介で「ボーカルのジェジンです」 
・ファンミタイトル「Congratulations!」→ほんぎ&じょんふん3月誕生日  
 すんひょん&みなり→成人(韓国では) 
・バースデーソングは韓国語で。せんいるちゅっかはむにだー♪ 
・クラッカーをやたらスタイリッシュに鳴らしまくるふに(何発も) 
・成人になってやってみたいこと→みなり「旅行にひとりで行きたい」  
→ほんぎ「いつも2人だったのー」(会場:えーーー) 
・すんひょん「日本でももうすぐ成人になるから、みんなとビールのみたい」  
→ふに「飲んでたじゃーん」(5人:わちゃわちゃーーー) 
・ほんぎ「この会場はファンと近いので友達とイベントやってる感じ、
大きいところでやるときは、オレってアーティストだなって感じ」 
・Neverland PVちょろり出し。ジャケ写が気に食わないほんぎ 
「5年後に見たら、恥ずかしいと思う。特にじぇじんぐん」 
・ゴーグルつけたじぇじんを見て、本人には似合うといったが陰で4人で笑った。 
・何かの話の途中いきなり相槌をうったすんひょんにまわりが「ん?」となったので 
「なんで?ぼくも日本語わかるよーーーー!」(←かわいいいいい!) 
・LAでトランスフォーマーのキャラの前で記念撮影した写真をみて
ほんぎ「これ、映画で使った本物です」 会場「へー」
じょんふん「ちがう、CGだよー!」(←つっこみのタイミング絶妙)
ほんぎ「ウソでしたー!」(←うれしそう) 
・バラード曲のときのLAのお客さんの反応を真似したほんぎに、
ふにが「じゃあノリのいい曲は?」 ほんぎ恥ずかしがってじぇじんにバトン。
じぇじんも「ほんとにやらなきゃいけない?」といいながら、  
チドカゲでは目を閉じあたまをふり、フラロクではジャンプしてめちゃくちゃダンス。
じゃ、つぎにすんひょんくん!「鳥のように」で〜となって、
すんひょんおもむろに立ち上がり(←嫌がっていないw)
腰に手をあて「鳥のように!」といいながら腰(こかん)ぐるぐるーーwww
つづいて、ふには「れりご」で、最初はノリノリ、
だんだんバラード調にほんぎが変えていって、最後はセクシーダンス。
最後のみなりは照れちゃってほんとはずかしそうにちょっとだけ。
このくだり、MCほったらかしでどんどん進んだ。
・チドカゲのマイクパフォーマンスについて
女性に見立てたスタンドマイクを寝かせるほんぎに「もっともっと!」と煽るふに。
ほんぎ「そんなの歌いづらい」(→歌いづらいという言い方があっているか不安そう。
ちゃんと使えてるよ!すごい!といってあげたかった)
・「GROWN UP」と「鳥のように」はどっちを先に出すか選べたけど
(GROWN UPは)とても自信があったので時期をみて冬に出すことにしたby ほんぎ
(→「時期をみて」をさらりと使ったほんぎにワシ感心しきり)


★質問コーナー
 屬い弔盪っていないと不安なものは?」 
・じぇじん「携帯。友達と連絡とれない」
 すんひょん「トモダチ?彼女?あ、秘密でした」(わちゃわちゃー)
・ふに「お金」 
 ほんぎ「えー。僕は何があるかわからないから財布持って行くけど、
 この子は何ももってこない!」
 ふに「だから車買いました」
・みなり「WiFi」
・ほんぎ「マネージャー」
・すんひょん「僕は(Priたちを見て)皆さん・・・」
 他メンバー「(ひえー)」

◆嵳達の彼女を好きになったら、愛と友情どっちを取る?」 
・ほんぎ「そういうときは友情」 
・じぇじん「ただ愛と友情だけなら、愛。なぜなら友情はそんなに簡単に崩れないから」 
・会場にどっちとるか聞いたら「友情」という意見が多くて、
「なんでなんでーーー?」と 食いつくメンバー。わたしも知りたい。

「一日ほかのメンバーになれたら誰になりたい?」
・ほんぎ「じぇじん。何を考えているかわからないから、1日替わって知りたい。
 そしてカラダのいろんなところに毛があるとどんな感じなのか〜笑」
→じぇじん「あたたかいよ〜(ニター)」
・じぇじん「ほんぎ兄さん!ほんぎ兄さんのように背が低いとどんな匂いなのか〜笑」
・みなり「じょんふん兄さん。一度メロディ楽器をやってみたい」
→ふに「そんなにおもしろくないよ」(会場爆笑)
・ふに「僕はみなり。ステージの一番後ろから4人を見てみたい」
→みなり「たいしたことないよ」(会場大爆笑)
・すんひょん「僕は(MC)ニシオさん・・・日本語うまいから・笑」
→西尾氏「(体をさして)こんなんなるよ?」 
→すんひょん「それは〜〜〜〜www」

ここで質問終わりとシメようとしたけど、ほんぎがもう一個といって急遽追加。
ぁ崙本の食べ物でまだ食べられないものは何ですか?」 
↑こんなニュアンスの漢字まじりの文章を読み上げたじぇじんに
会場「おおー」と感嘆の声。負けじとほんぎ、
すかさず質問した方の名前(ひらがな)を読み上げてた。負けず嫌いめw
・ほんぎ、ふに、みなり、すんひょん「梅干し」
・じぇじん「いくら」

シメの言葉にて、ほんぎが「夏には日本でツアーやるんじゃないかな。
まだ僕だけが思ってるだけですけど!」って。
じぇじんも「やります!」って言ってたね。 期待しましょう〜〜〜。

FTISLAND 区切り 00:56 区切り comments(2) 区切り - 区切り

新年好!


新年快楽!
祝大家身体健康!萬事順意!心想事成!
そしてやっぱ今年は「龍馬精神!」

12年に一度の龍の年、元気に前を向いていきたいです。
今年もよろしくお願いします。

ちゃこ

note 区切り 10:23 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ゆく年くる年

あっという間に大晦日。
先週の3連休にライブ3本見たあと抜け殻になりたいのになれないこの年の瀬。
でも感じたことだけつらつら残そう。レポにはなってません・・・。 


FTISLAND X'mas Live 2011 〜Winter's Night〜
2011.12.23-24 @横浜アリーナ 

・23日の席はセンター前方、花道近くの席でマジ震えが。今年の運、残っててよかった!
・2曲目にずっと聴きたかった「Stars」。ありがとう。
・MCがフリーダム。ここが武道館とは全然違った。
 ネタくってきてるけど自然なトークだし、ツッコミも入れられる。
 それも全員で←いっぺんにしゃべんのはやめなさい
・ふに♪の「いつか全曲ライブやろう」に、ほんぎ全力拒否しつつ 
 「日本語上手になったでしょう?」とふに♪の語学力アップをアピる。
 やはりMCのせいか、リーダーふに♪が感じられる場面がちらほら。
・「不朽の名曲」で歌った「みなすべてを愛す」を入れてきたことに
 彼らの自信が見えた。 この曲はいくらうまくできても彼らのCDには入ってないもん、
 お金にならんよ? 初めて聴いた人がこれいい!って思ってもツベみるくらいだよ?
 それでもやりたかったんやね。
 この曲にはペンラもタオルもいらん。ひたすら音をからだで感じたい。
 ちなみにコレ↓です。
・ソロコーナーあらわる。 
 ほんぎ→アコギ弾き語り「Music Life」 
 じぇじん→ギターアレンジの「yume」アイメイクばりばり
 みなり→花道先端まで動くドラムセットでのドラムソロ(お金ここに全部つっこんだ?)
 すんひょん→ピアノ演奏からのラップ。(23日のパンツは虹色カラフルでした。ゴチ!w)
 ふに♪→Over the Rainbow ギターソロアレンジ 
・「Distance」「LIFE」「Venus」新曲どれも良い。ほんぎは役者やのう。
 新しい曲が入ると絶対聴けると思ってる曲がなかったりするけど。それはあたしのエゴ。
・客層はばひろ〜。おいら他人のことはいえないけど、
 親子でライブ見たりする世界って  まだ慣れない(笑)。
・FTメンバーみんな とにかく楽しそうで、おなじ空気を感じることができてまさにHappy♪



THE BOOM 歳末御礼公演「平成よっちゃばれ!」 
2011.12.25 @岸和田市立浪切ホール

・岸和田とおい!さむい!でもホールは立派!
・衣装が和風。おっさん化がよけいにススムがしっくりきてるのも事実。
・選曲がかなり好み。「天国に落ちる坂道」「月さえも眠る夜」
・22年もやってるのに、クリスマスソングがない。
・エイサーを取り入れた「島唄」、やっぱり雰囲気変わる。
・山川さんのベースがめちゃめちゃかっこイイ。
 いつもパーカッションに目がいくのに今回は位置的にもベースメインで堪能した。
・震災のあと、歌う気になれずアルバム発売も延期になり、すべてがとまってしまったけれど
 再び歌い始めたとき、ひとを励ますつもりが自分が浄化されたんですと宮沢さん。
 なんかわかる。何事も人のためではなく、ぜんぶ自分のためですよね。
・なんかここにきてまた客層変わった気がする。バンドも生ものですね・・・。


ほんとなら、今年を振り返ったらきっと震災のことがいちばんでしょう。
でもわたしはあえて楽しかったことで。
また自分の楽しみ見つけられた、これがうれしい。
10年以上、中華芸能ばっかり見てきて、広東語に北京語ならって
映画や音楽、旅行も楽しんできて、
世の中 韓流だっていっても見向きもしなかったのに
なぜか一気にその垣根越えてしまった。
あえて背を向けてたかもしれない韓国という国。
中華なものが好きになって、香港・台湾・中国・華僑いろんなことを知りました。
今度は韓国というお隣さんを知るチャンスだなと。
そしてそこから日本のことも知るんですよね。
日本語とか文化とか、いいとこいっぱいあるしね。 

まあ、趣味ですから、エンタメですから、楽しんでなんぼ。
そんなに難しいことは考えず、彼らの提供してくれるものを
私たちは思いっきり楽しんで、次のエネルギーにかえていく。
来年もきっと彼らが私にエネルギーをくれるし、
一緒に楽しめる仲間たちと笑っていられたらいいなと思います。

みんな、ことし1年ありがとう。

FTISLAND 区切り 17:25 区切り comments(0) 区切り - 区切り

Good friends Charity Premium Concert 2011 & めざましテレビ

4ヶ月ぶりにライブでみたFT、自分の記録用に書いておきます。

Good friends Charity Premium Concert 2011 @横浜アリーナ

20日、横浜で行われた東日本大震災被災者支援のためのコンサート。
 出演はFTISLAND / BEAST / TEENTOP /G.NA / Apink の5組。FTは大トリで登場。  

Setlist 
1.Hello Hello 
2.サランサランサラン
3.セドゥルチョロム(鳥のように)
4.Revolution
5.I want
6.バレ(願う)
7.Let it go!
8.Flower Rock

 〜覚えてることをつらつらと。
 ・FT登場前になぜかスクリーンでカウントダウン
 ・セドゥルチョロム大合唱。「さ〜らんどぅる♪」は気持ちよかったー
 ・おぬるん!くるむん!!
 ・まさかのRevolution と I want でぶっ壊れ
 ・この2曲を紹介するときのほんぎMC
  「イベントではやったことない曲だから他ペンは知らないかもしれないけど
 普通にしといて」 に、「普通って!」←じぇじん。なちゅらるにボケとツッコミ。
・I want の後半くらいから曲中の記憶あんまない。
・Let it go!のあと、ほんぎのイヤモニ?が外れるトラブルあり。
 付け直す間、じぇじんがすかさずMC入れ。すんひょんのチャチャ入れも漏れなく^^
・急に話をふられたみなり、話題はお天気(笑)。
・フラロク、客が祭り状態なのはええけど、演奏も祭りになりがち^^;
・FTの出番のあと、ほんぎは全体のMCと化す。
 他アーティストの紹介も楽しくできるあんたはえらい。
・ラストのラストで、なぜかふに♪様が挨拶仕切り>「せーの」
・あげぽよ!さげぽよ!

・ライブの本数こなしてきて、Priちゃんたちとライブの雰囲気を作ってきてるからか
 FT出てきただけで、がらっとその空気に変わった気がする。
・新曲は聴けなかったけど、「Revolution」と「I want」を入れてきたのは
 自分たちのやりたいライブはこれだっていう意思表示かな。



このライブでは聴けなかった新曲「Distance」。今日のめざましで生歌 初披露。
ふに♪は白ピアノやし、雪まで降らせてもらって、よかったなぁ。
ほんぎ、顔赤くして血管ええ感じで浮かせてめいっぱい歌ってて◎。
しかし、リアタイ時には5時台のチョロ出しで最初にフレームインしてきたときから
おいらはじぇじんに集中・・・・いまの髪型好きやもん!デコ出しありもありやもん

ほれ。
 

じぇじん以外のメンバーはわりと日替わりでお気に入りが変わるけど
ここんとこ、すんひょん(左)がエエ感じ。オモロ気になる存在すー。

余談。20日のチャリコンの前に呉建豪さんの昼公演を見に行った私。
入場待ちで並んでいるとき、すぐ後ろにCNのファンがいらっしゃって
お友達(びすとペンかな)にFTとCNの違いがわからないといわれ説明。
 「CNはね、顔は地味だけど(え?)全然実際は違うのよー。
演奏いいし、自分たちで曲作ってるし」
 ..............(FTだってメンバー曲つくってるよ?)
 「FTのボーカルは美男ですねの金髪の子。バンドっていってもアイドル!」
 ..............(ううう、そういう説明しちゃうん?ほんとに?) 
まあ、そのお友達の答えは「いやいや、でもやっぱりびーすとかっこいいし!」
だったけど・爆。びすとペンの方、横アリにも行かれるようだったけど、
FTみてどうだったかな。 楽しんでくれてたらいいなー。





FTISLAND 区切り 23:23 区切り comments(0) 区切り - 区切り

おとなの社会見学

 


 サントリー山崎蒸留所のシングルモルト楽しみ方講座に行ってきました!
 内容の詳細はこちらで↓ 


蒸留所のある山崎は大阪と京都のちょうど境目、水と緑のきれいなところ。
無料のガイドツアーもあるけど、ちょっとオプションつけてみたくて有料の講座に参加しました。 

まずは製造工程に沿って工場見学。

  

説明を聞いて驚いたことは、銘柄ごとに分けて仕込みをしているわけではないということ。
形の違うポットスチルを使って蒸留することや、貯蔵する場所や樽の状態によって
樽ごとにひとつひとつ違う出来上がり具合になり、それをブレンダーの方の判断で
これは「山崎」に、これは「響」にと仕分けていくそうなのです。
やっぱり、最後は人間の感性なんだな。

  


そしてお待ちかねのテイスティング。

   

山崎、白州、マッカラン、ボウモアの4種類の味と香りの特徴から
どれがどの銘柄かを推測。ちなみに私は香りだけで全問正解♪
白州って初めて飲んだけど、スモーキーなタイプで山崎とは全然違います。
山崎やマッカランのような甘めのウィスキーが好きだけど
こうやって飲み比べてみると、その違いがよーくわかって自分の好みもはっきりします。
その後、山崎12年でハイボールとロックを1杯ずつ作って試飲。 うまい。
おつまみに出てきた小倉山荘のチョコレートおかきも美味しかった。

この時点でけっこういい気分になっていて、
勢いに任せてファクトリーショップでどんどこお買い上げ。
最近はあんまりBARに行って飲むことがなくなってきてたので
おうちウィスキーをたまに楽しんでみようかと。 
大阪の中心からでもそれほど遠くないので、気軽に遠足気分で行けますよ。

 







note 区切り 23:37 区切り comments(0) 区切り - 区切り

+ 1/74PAGES + >>